So-net無料ブログ作成
検索選択

鎌倉長谷「オルトレビーノ」のワイン会 [グルメ]

block01-pic.jpg
 いつもワインとのベストマッチを表現される、天才的なセンスに脱帽。
わざわざ出かけて行きたくなるお店です。
過去の記事:http://tennis-since1965.blog.so-net.ne.jp/2011-04-09

nice!(0)  コメント(0) 

「Latteria BeBe Kamakura」 [グルメ]

44603769.jpg640x640_rect_37897013.jpg
http://tennis-since1965.blog.so-net.ne.jp/2015-10-23

「Latteria BeBe Kamakura」昨年春にオープン、既に人気の高いイタリアン。鎌倉御成商店街を脇道に入ったところ、足の便もいいです。自家製のチーズを使ったメニューが人気です。 ダンディーな先輩ご夫妻6組でのお食事会、湘南ボーイ草分けの先輩諸氏、お元気な皆様と楽しい一時でした。持ち込んだワインもあっという間に!

Posted by 澤田 誠 on 2016年2月5日

nice!(0)  コメント(0) 

美味しいミカン「せとか・紅まどんな・甘平・小太郎」 [グルメ]

我が家のお取り寄せ4大「みかん」
  これらのミカンは、澤田家第二の故郷、愛媛のミカンです。

①「せとか」
「清見」のジューシーさ、「アンコール」の甘さ、「マーコット」のコクとエキゾチックな香り・・・。人気の3品種を掛け合わせそれぞれの良いところを受け継いだ、酸味と甘みのバランスがとれたみかんです。皮が薄く柔らかで手で簡単にむけます。種はほとんどなく、袋も柔らかい。
せとか (1).jpgせとか (2).jpgせとか (3).jpg

②「紅まどんな」は、愛媛のオリジナル品種。「南香」と「天草」を掛け合わせて作られ、ゼリーのようなプルプルの食感でやわらかい果肉、果汁もたっぷりで酸味は少ない。
手で剥くのではなく、オレンジのようにカットして食べるのが一番食べ良いです。
madonnna1.jpgmadonnna2.jpgmadonnna3.jpg

③「甘平(かんぺい)」は「西之香(にしのかおり)」のじょうのうの薄さと、「ぽんかん」の剥きやすさと甘みを受け継いでいます。種がほとんどないのも、最近の新品種の柑橘の特徴でしょう。まだまだかなり出回り数も少ないため、高価な品種となっています。
とても「甘くて」、見た目が「平らな」みかんなので、「甘平」かな??
甘平 (1).jpg甘平 (2).jpg甘平 (3).jpg

④「小太郎」一個一個大事に袋をかけて栽培された樹上完熟のみかんです。
100余年の歴史を誇る川上地区のみかん。その中でもトップブランドの小太郎ミカンです。特に品質の良い物をひとつずつ袋がけし霜や風、鳥などの被害を防ぐため、樹の上で越冬し完熟させると「じょうのう(薄皮)は」オブラートのように薄くなり、糖度は13度以上になりこの上ない濃厚な味わいに変わります。ご存知の通り、果実の糖度は基本的に樹になっている間の積算温度(温度×時間)で決まり、その過程でじっくりとエネルギー(でんぷん、つまり糖)を蓄えていきます。当然長く日光にあたっていたほうが甘くなります。甘味が引き立つ酸味の強い小玉果に袋をかぶせて1月中旬頃まで越冬させれば、気温が低いので呼吸作用が抑えられエネルギーを浪費せずに済むので果実中の糖度が更にあがっていくのです。
小粒ですが、果皮が薄くジューシーで甘味の強いコクのあるみかんです。樹上での最終選別を行い合格した物だけが「小太郎」となり出荷直前に収穫して、全国に配送しています。我が家では毎年、前年の10月頃に予約をしています。
小太郎 (1).jpg小太郎 (2).gif小太郎 (3).jpg



nice!(0)  コメント(0) 

「鎌倉美食ホテル アクアサルーテ」 [グルメ]

 鎌倉の小さなイタリアン、大きな満足感を与えてくれます。
Acqua Salute.jpg

「鎌倉美食ホテル Acqua Salute」鶴岡会館の裏、若宮大路と小町通りの中間の路地たたずむ小さなお店。昨年夏にオープンしたアクア・サルーテ、基本に忠実で何を注文しても「Molto buono」昼でもアラカルトメニューを提供、更にこのコストパフォーマンスの良さが素晴らしい。満足のランチでした。

Posted by 澤田 誠 on 2016年1月20日

nice!(0)  コメント(0) 

「茅乃舎の出汁」 [グルメ]

手軽にプロの味を堪能できる絶品の出汁「茅乃舎のだし」です。
ph_2.jpg

 料理時に簡単に使え、しかも絶品の出汁パック  「久原本家・茅乃舎だし」主に、焼あご、かつお節、真昆布、うるめいわし、海塩の5種類の無添加素材を粉末状にして、1パック8gが30袋で2千円弱。 福岡県の食品メーカーである「久原(クバラ...

Posted by 澤田 誠 on 2016年1月11日

nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉土産 旭屋の「豆大福」 [グルメ]

 鎌倉では老舗で有名な「旭 屋」の豆大福。
旭屋4.jpg
 明治38年創業「旭屋」さんの「豆大福」、餅粉ではなく餅米を使用しているのがこだわり。
あんこを包み込むタイプでは無く、お餅で餡をのり巻のようにクルリとひと巻きしてある。
旭屋3.jpg旭屋2.jpg

 北海道産最高級の小豆を使用し甘さ控えめの粒餡、そして国内最高級の餅米と赤エンドウ豆の入った板餅は、そのモチモチ感と塩味が、上品な甘さの餡をさらに引き立てるような絶妙なバランスを保っています。この「豆大福」は、手作り無添加なので体に優しいのですが、その反面長時間保存できない為、取り寄せや通販が出来ないは納得です。
main.jpg旭屋1.jpg

 お客の中では、お1人で20個とか購入する方も珍しくないようです。午前中には売り切れてしまうこともあるので私は必ず予約をしてから行きます。1日300個以上も売り上げる日もある人気商品です。
お店でも食べることも可能で、その場合はお茶も出してくれます。是非、お試しを。

澤田誠Facebookで「友達リクエスト」お待ちしてます。


nice!(0)  コメント(0) 

「香雲堂本店」 古印最中 栃木県足利市 [グルメ]

香雲堂2.JPG香雲堂1.JPG
香雲堂本店
[電話]0284-21-4964  FAX:0284-21-1054
栃木県足利市通4-2570
9:00~20:00
年中無休

 「香雲堂本店」は創業から100年以上の歴史を持つ、足利を代表する和菓子のお店。また、足利ゆかりの書家、相田みつをの包装紙でおなじみ。私達のみならず地元の方々は、お土産や贈答品等で利用する事も多いとの事です。この店の代表的な和菓子は、なんと言っても「古印最中」。その特徴は、箱を開けると味は同じだけど形の違う最中が、ぎっしりと詰まっています。周りの薄皮がパリッとし、餡はまっ黒い小豆がツヤツヤしており、確かにギッシリ、ズッシリと入っていて、強い粘り気と硬いツブツブ感のある餡の口当たりは、無性に甘い物を食べたい時には充分なる満足感を与えてくれます。
最中2.png最中1.png

 そして、香雲堂本店のもう一つの美味なる和菓子は、「どら焼き・尊氏(たかうじ)」です。香ばしく焼き上げた生地でしかもしっとり感を保っている、そしてたっぷりの粒餡が挟んであり、食べ応えは最高です。ネットでは買い求める事は出来ませんが、電話かFAXで注文し、着払いで手に入れる事が出来ます。是非試してみて下さい。
尊氏2.png尊氏1.png

nice!(0)  コメント(0) 

「いづう」の鯖姿寿司  京都祇園 [グルメ]

「いづう」 [電話]075-561-0751  
  京都府京都市東山区八坂新地清本町367 <地図> 
  営業時間 11時~22時
   定休日 火曜日
iduu1.jpg     iduu5.png
 「いづう」の鯖姿寿司は20年以上前から食しています。かなり以前、京都のお店でも「鯖姿寿司」や「京ちらし寿司」を戴いたかな?歴史を感じさせるお店の佇まいでした。 「いづう」の鯖姿寿司は、谷崎潤一郎が愛した味としても著書にもでてくることで有名。京都で場所を変えずに8代も続く老舗です。鯖寿司は、三枚に下ろした鯖を、酢と塩で締め、寿司飯の上に一枚ごと乗せて、竹の皮で包んだ棒寿司のことで、かつては福井県若狭湾で採れた鯖が、洛北の険しい「鯖街道」と呼ばれる道を通り、人の足で京都まで運ばれて来たとか。
 「いづう」は、天明元年(1781年)創業。京都の祭のご馳走である鯖寿司を、看板商品として売り出したところ評判を呼び、今では鯖寿司といえば「いづう」の名前が真っ先にあがるほど、代名詞のような存在となっている。日本海の真鯖、江州米、オリジナルの米酢など、厳しく素材を吟味。鯖を塩と酢に通した後、旨味を閉じ込めるのに一晩氷の冷蔵庫に寝かすなど、必要な工程は昔のままに守り続けている。鯖姿寿司は1本4.410円、6月~9月は地方配送を行わないが、10月に入ったので早速FAXで注文しました。単品でも配送してくれます。(FAX:075-561-0750)
iduu2.png     iduu3.png

 到着した「鯖姿寿司」はデパ地下で買うのと同じ、紙につつまれていていかにも京都らしいパッケージです。この挿絵は、季節によって変わるそうで、全6種類。今回の絵柄は秋です。中を開けると竹の皮につつまれ、更に結構分厚い「お昆布」に身を隠している。「お昆布をとってお召し上がりください」と書いた紙が添えられていました。食べ物にも尊敬の意を表し、華の有る上品で優雅な言葉づかいは、京都独特の「はんなり」した感じが伝わってきます。12切れですが一人で全部行けそう!!
iduu4.png


nice!(0)  コメント(0) 

「空也」の最中  東京銀座 [グルメ]

空也」 [電話]03-3571-3304 
〒104-0061東京都中央区銀座6-7-19<地図
予約は、1週間前でも1ヶ月前でもOK
営業時間 10:00-17:00 土曜日16時
定休日 日曜・祝

 数寄屋橋通から並木通りに入り新橋方面に向かって左側歩道を歩くと、シャネル、三笠会館を過ぎ、右側に風月堂の喫茶店が見えて来たら、その向い側に「空也」は有ります。
空也6.png

 「空也」は、明治17年に上野池の端に創業。戦災で焼失後、昭和24年に銀座に移り、たくさんの文化人に愛されてきたお店だそうです。正面には、「海神丸」や「秀吉と利休」で有名な、大分県臼杵市出身の文豪・野上弥生子によって書かれた屋号の看板が掲げられている。夏目漱石の代表作の一つ『我輩は猫である』にも「空也餅」が登場する程、夏目漱石が好んで通ったお店だそうで、その弟子の一人である野上弥生子にも受け継がれていたのでしょう。
空也1.png

 通常の歴史ある人気店に「ある」物が、この「空也」には全く「無い」のです。例えば。
*お店に商品の展示は全く無い。
*当日販売は殆ど無い。(全て事前予約販売、に、ラッキーすれば購入可能な日も有る)
*一日の生産量の変更は無い。(予約が沢山入ったからとて、一日の作る量は増やさない)
*機械で野大量生産は無い。
*保存料や添加物の使用は一切無い。
*地方配送は無い。
*Netや通販のシステムは無い。
*クレジットカード会社との提携が無い。
*デパート等への出店は無い。(かなり多方面から出店依頼が有るそうですけれど、全てお断りしている)
*電話の応対など、横柄さが全く無い。
*先代からの教えを今も守り続け、本筋を見失わず業務拡大の意思は無い。

 以上がお店の営業方針ですが、普通ならば「不便」で片付けられてしまいます。日本で一番面倒な「最中」ですが、箱の中には「不便なお店でごめんなさい」(という内容)が丁寧に書かれていました。決しておごり偉ぶっている訳でも無く、お店の太く筋の通った姿勢こそが明治17年から長く存在し続けている理由で、お客は納得の上支持しているのでしょう。そして、一度受けた感動をまた味わいたければ、多少の不便が有っても手に入れたいと思い、予約し銀座のお店まで出向く事をいとわないくらいの魅力を放っているお店で、その代表が「空也の最中」でしょう。
 「儲ける」という字は「信者」、信者(支持者)を多く作ることが儲けるってことなのかも知れませんね。その場の利潤を追求し、味を落としてまで機械で量産し多店舗展開する、最近はこの手の老舗が多いですね。「空也」はその様な馬鹿げた事はせず、手作業で作れるだけの個数を作って、信者(支持者)の期待を裏切らない。老舗ののれんを守り続けるには、着実に目の届く範囲で「本来の味」を守り続ける事が大切なのでしょう。
空也2.png

 「空也最中」は、皮が「焦がし皮」といって、少し焦がしているので、箱を開けた途端に皮の芳ばしい香りが辺りに広がる。フタクチ(私は一口)程度の小さな最中ではあるが、その芳ばしいサクッとした皮の中には、こんもりと、よ~く練られたつぶ餡がたっぷりと入っている。餡は十勝産の小豆を使った粒餡で、甘さを抑えられた上品さがあり、いくつでも食べられる,かな?空也さんの最中は日本で一番美味いとは言いませんが、この上品さ、手土産の品格としては日本一だと思います。たとえ空也さんの名前を知らない方でも頂いて不快な思いをするかたは絶対いません。10個入り950円、銀座でこんな価格で和菓子は買えないでしょう。コストパフォーマンス抜群のこの「最中」、未食の方は是非一度ご賞味下さい。ただし当日電話して購入できる確率は10%以下ですので、銀座に出かける日に合わせて事前予約をする事をお勧めします。
「空也」の「空也もなか」はなぜ売り切れる?と「AllAboout」のグルメ版に紹介されています、ご参考までに。
空也5.png

nice!(0)  コメント(0) 

長崎 松井老舗の「カステラ」 [グルメ]

長崎 松井老舗の「豊潤カステラ」
松井のカステラ1.png 
 カステラは16世紀、宣教師たちによって日本にもたらされ、そのルーツはスペイン、ポルトガルにあると云われています。イベリア半島中央部の高原地帯の「カスティーリャ」地方が発祥の地とされ、そこで作られていた保存食でもあった2度焼き菓子がカステラのルーツだそうです。この2度焼き菓子はその後「ビスコチョ」と呼ばれスペイン各地に広まりましたが、地方毎にその呼び名も製法も異なるお菓子となって根付いたようです。
松井のカステラ5.png松井のカステラ3.png松井のカステラ2.png
 南蛮貿易の港として賑わう長崎の町に伝わった「カステラ」。卵と砂糖を使った当時はめずらしい菓子を広めるため、初代松井勝太郎氏によって松井老舗は創業。その後試行錯誤の上、独自の分量で作られたのが三代目による「五三焼き(ごさんやき)」。小麦粉を少なくし、卵黄5に対し卵白3の割合だ。島原名水、熊本阿蘇山の最高級はちみつ、さくら地鶏の卵、鹿児島県産麦芽の水あめなど、材料にもこだわり、現在は九代目を中心に職人の手技で1本1本丁寧に焼き上げられる。やさしい卵色のカステラは、見た目通りふんわりしていてほどよい甘さ。しっとりとしたカステラで僕の大好物です。
松井のカステラ4.png

 長崎のカステラとしては「福砂屋」さんの方が歴史は有るようですが、共に甲乙つけがたいのですが・・・・。
やっぱり僕は・・・・・!


nice!(0)  コメント(0)