So-net無料ブログ作成
検索選択
書籍考 ブログトップ

最近のテニス関連書籍 [書籍考]

最近のテニス関連書籍
2)書斎.JPG

錦織圭 限界を突破する瞬間」 石井 大裕著
 錦織選手と同時期に修造チャレンジに居た、現役アナウサーが松岡修造、坂井利彰(利郎氏のご子息)両氏と語る「錦織圭物語」、若手後輩の中川直樹選手やダニエル太郎選手へのインタビューに、次世代への期待が広がる。

錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考」児玉 光男著
  元全日本選手で前鹿屋体育大学教授、スポーツ心理学者の立場から錦織圭選手の強さの秘密を分析。

頂点への道」錦織 圭/秋山 英宏著
  錦織圭選手本人が、2010年から書き残した文章で、現役の世界トップアスリートが自らの言葉でここまで記した書籍は稀。ジュニア時代より彼を追ってきたテニス記者、秋山英宏氏が解説を加える事で、知られざる苦闘がさらに現実的に見えてきて、更に興味が広がります。

ダウン・ザ・ライン」錦織 圭著
  世界のトップ入りを果たした錦織圭選手、彼が発した「言葉」の数々を核として、長年取材してきた朝日新聞稲垣 康介記者が文章としてまとめ、加えて数多くのテニス選手の写真を撮り続けている写真家、佐藤ひろし氏のモノクロ53点の写真は印象的。本書のための独占のロングインタビューもノーカット収録されている。

錦織圭 さらなる高みへ」塚越 亘編集
 1970年代後半から、故川廷栄一氏と共にテニス写真家として活動してきた塚越亘氏がまとめた写真集。川廷氏はその後日本人初の国際テニス連盟(ITF)の理事となりその後、ITFの副会長となりましたが、塚越氏は今日に於けるまで国際テニス記者協会の会員として活動し、日本におけるテニスフォト・ジャーナリストのパイオニア的存在としての地位を確立。私も30歳代前半から知己を得ていました。

幸福論」クルム伊達 公子著
がんばりすぎない、こだわらない、ありのままに! すべてを楽しみに変える「幸福のおまじない」とは?
「第一キャリアの引退から、かれこれ十八年。あの時は、心が疲れていた。好きなテニスが好きではなくなっていた。それまでは楽しくて仕方なかったテニスなのに。でも今は、歳を重ねることさえ、楽しみ。テニスを純粋に美しいスポーツ、いいスポーツだと思えるようになった」と言う。著者の実感とは「自分が変わった」ということだ。ツアーでの海外転戦は苦手だったのに、今はそれすらも楽しい。著者を変えたものはなんだったのかを明らかにし、今、この瞬間を輝かせる生き方を提案する。

日本人のテニスは25歳過ぎから一番強くなる」 坂井 利彰著
----なぜ世界と互角に戦えるようになったのか----
元デ杯選手・監督であられた坂井利郎氏のご子息で、全日本ランキング7位、その後慶応大学庭球部監督として若手日本選手を数多く指導してきた中で、日本の選手たちが続々と世界ランキングの上位に入り、4大大会でも勝利を狙えるようになった昨今、日本テニス界はいま、かつてない黄金期を迎えている。日本テニスが世界と互角に戦えるようになったことを実感、理由とその背景にあるものを長年の研究データに基づいて独特の視点で紐解いていく。

ジョコビッチの生まれ変わる食事」ノバク・ジョコビッチ著
  今やテニス界最強の選手となったジョコビッチ選手、嘗てはアレルギー体質気味だった彼が、グルテンフリーの食事に変えて体質が変わり、現在の強さの源になったとか。グルテンとは、ご存知の様に小麦や大麦あるいはライ麦、オート麦などの麦類に含まれているたんぱく質の一種です。例えば、パンやうどん、パスタ、クラッカー、シリアルなどに含まれています。これを摂らない事により、腸に優しい体内環境を作り出すのでより良い体調を維持で出来、現在の好調を保てているようです。

nice!(0)  コメント(0) 

「キル・リスト」 フレデリック・フォーサイス著 [書籍考]

フレデリック・フォーサイスの最新作「キル・リスト
キルリスト.jpg
 「キル・リスト」はイスラム過激派の国際テロリストを抹殺する物語です。

 ホワイトハウスには米国にとって危険だからという理由で、合法的な手続きによらずに処刑する超危険人物リスト、それが「暗殺(キル)リスト」。

 狂信的イスラム主義者の説教師が、ネット上で弁舌をふるい、狂信的イスラム主義のテロリストを扇動しテロを起こさせる。この説教師が「キルリスト」に加えられ、テロリストハンター(追跡者)は、世界のどこにいるか分からない、説教師を探し、そして殺害するまでを描く超リアルな国際謀略小説。

 2013年6月、米国政府がインターネットの監視を広く行っていることが、元政府機関職員のスノーデン氏によって暴露された実際のニュースは耳に新しい事ですが、この小説に描かれているのはまさにその世界。無人機によるテロリスト殺害、自爆テロによる英米要人の殺害、等々、
フィクションとノンフィクションのはざまで展開されるストーリーに引き込まれます。現実にも起こり得る出来事だけに心が痛いです。

豆知識
 フレデリック・フォーサイス(1938年英国ケント州生まれ。空軍のパイロットなどを経て、ロイター通信、BBC放送の記者を務めた後、作家になる)

ー代表作ー
ジャッカルの日
  ドゴール大統領暗殺を請け負ったジャッカルを描いた、スリラー小説。
オデッサ・ファイル
  ヒトラーの親衛隊として特別の任務を担っていた秘密組織「オデッサ」の隊員名簿を巡る
  暗闘を描く、サスペンス・スリラー小説。
戦争の犬たち
  プラチナ鉱山の利権を狙ってアフリカの小国にクーデターをしかける資産家と傭兵たちの
  陰謀を描いている、軍事・経済小説。
コブラ
  コブラの異名を持つ元CIA局員がコロンビアの麻薬組織の撲滅作戦を描いた国際謀略小説。
ジャッカルの日.pngオデッサファイル.png戦争の犬たち.pngコブラ.png


澤田誠Facebookで「友達リクエスト」お待ちしてます。


nice!(0)  コメント(0) 

書籍考 その4 「食の終焉」 [書籍考]

書斎 1.JPG
食の終焉」 ポール・ロバーツ著 神保哲生訳  ダイヤモンド社  2.800円
書籍考食の終焉.png

 「美味しい物」をこよなく愛する私にとって今夏、衝撃的なタイトルの書籍が本屋さんに並んでいました。
早速購入しましたが、500頁以上の大作、読むのに時間がかかりました。

『ポール・ロバーツ』氏がインタビューでこの本について語っている記事が有りましたので、ご参考に。

 『実は食べ物には何十年も前から興味がありました。石油の本を書いたのは、当時、それがメディアの注目を浴びていたからです。その頃は石油価格が高騰していましたから。食のシステムと石油システムには共通点が多いのです。どちらもきわめて複雑かつ地球規模のシステムで、地球上のある地点で起きたことがその反対側に影響を及ぼすこともあります。石油ではそれが起きましたが、食べ物も同じです。石油は経済できわめて重要な役割を果たしますが、いうまでもなく食べ物はもっと重要です。石油の代わりは見つかりますが、食べ物は代えがききません』。

 『つまり食べ物は生死に関わるシステムなのです。経済的に重要なだけでなく、人々の精神にも深くかかわり、個人の生き方を左右します。誰かにあなたの食べ方を変えなさいといわれれば、腹が立つでしょう。なぜならば、それは自分の生き方を変えろと言われているのと同じことを意味するからです』。

 『これは基本的には”食の終焉”について述べた本です。それは単に食べ物がなくなるという意味ではありません。食に対する一つの考え方が終わりを告げようとしているということです。私たちは1世紀にわたって、食べ物の値段は下がり続け、量も増え、さらにより安全でより手に入りやすく、よりおいしくて進歩したものになると信じてきました。それは米国だけでなく欧州もそうだし、途上国でさえそう考えられてきました』。

 『今われわれはその考えを改めるよう迫られています。なぜならば、これまで食を進歩させてきた要因の多くが、実は持続不可能なものであることがわかってきたからです。安価な石油の入手が難しくなり、灌漑用水が干上がり始め、さらには飽食が肥満につながることもわかってくるにつれて、何もかもがよくなるはずだという食の古いモデルが、実は持続不可能な発想に依拠していたことを、われわれ人類はようやく理解するようになったのです』。

 『食の終焉というのは、食に対する一つの考え方が終わりを告げ、これに代わるより複雑な新しい概念が登場し始めることを意味します。食の危機をそれだけで考えると、乗り越えることは可能だと思います。そのためには新しいテクノロジーの開発や、食料を生産し消費する新しい方法の発見などが必要かもしれませんが、問題は、もはや食だけを取り出して考えることができない点にあります。食はあらゆることと結びついています。エネルギー、水、土、気候、地政学などと切り離すことはできません。そしてこれらすべての分野で同じような問題が起きています。十分な水を確保することが困難になっており、エネルギー価格も上昇しています。現在の食のシステムは安価な石油の上に設計されていることを忘れてはいけません』。

 そして著者は最後に、我々の様(僕の様)な消費者一人一人に何が出来るかを語っている。それは・・・・。

 『1番目は、自分を消費者だと考えるのをやめることです。約1世紀にわたって私たちは消費者として位置づけられてきました。大半の人は知らない間に食べ物を作る側から消費する側に回されていたのです。そして、私たち自身もこれを積極的に受け入れました。ですから、まずはもういちど生産者に返ること、そして少なくとも自分で何か食料を作ることが、解決への道筋の第1歩になると思います。それは庭で栽培してもいいし、市民農園に参加するのもいいでしょう。外食ばかりしている人は、料理するだけでもいい』。

 『2番目には、食についてもっとよく知ることです。たとえばこの食べ物はどこから来たのか。なかには何が入っていて、誰が作ったのか。どれくらいの旅をして食卓にたどり着いたのか。自分はこれが本当に食べたいのか、または食べる必要があるのか、などと自問することです』。


 食料生産システムのたどった歴史とその帰結、遺伝子組み換えかオーガニックかといった論争にも踏み込みつつ双方の長短に触れる。紹介される事例の面白さにもかかわらず、予測には暗澹(あんたん)たる気分にさせられる。食料はかつて、自然の恵みに過ぎなかった。現在も地球上の何処かでは、自給自足の生活を送っている人々は居る事は確かだが・・・。飽食の日々に毒されている、先進諸国の人々(私)が、ダイエットの為位に無駄食いを減らすことは出来ても?消費者たる事を捨てられるか?私のブログを著者ポール・ロバーツ氏が見たら、眉をひそめる事でしょうね!・・・・・「家庭菜園」をしたり、「料理教室」へ通う事が僕には出来るのでしょうか?????最大の問題を突き付けられた今夏でした。先ずは、「問題意識」だけは常に持ち続けようと思いました。

<豆知識>
 「ポール・ロバーツ」氏は、1978年生まれのジャーナリスト。ビジネスおよび環境に関する問題を長年取材。経済、技術、環境の複雑な相互関係を追求している。著書に『食の終焉』(ダイヤモンド社)、『石油の終焉』(光文社)がある。現在は、デジタル経済と個人の結び付きを考察した本を執筆中。



nice!(0)  コメント(0) 

書籍考 その3 「進化する強さ」 クルム伊達公子 [書籍考]

書斎 1.JPG「進化する強さ」 クルム伊達公子著 2012年3月発刊 ポプラ社

Date1.jpg      Date3.png
 伊達選手が世界で戦っていた約20年前、私もプロテニス業界で役員をしていた関係上、国内外の大会会場で伊達選手の魅力あるプレーは必ず観ていましたし、同時代の選手や大会関係者からの伊達選手の評価・評判は沢山耳に入っていました。世界のトップ10という場所は少しでも弱さを見せたら負け、気を張って必要以上に「強がり」「強気」で行かないと戦えない場所、「自分勝手」「無礼な」「勝気」と受け取られても、選手同士、メディア、大会関係者や自分のスタッフにまでも虚勢を張って強い自分を出して行かないといけないと思いこんでいた様です。「しんどかった」と本音を語っていました。伊達選手のこの本を読んで「やっぱりそうだったか」、「もっともっとキャリアを積み上げられたはず、テニス界の宝で有った伊達選手にもっともっと輝いて貰えたはず」と、テニス界の末席に身を置いていた己を恥じてしまいました。今現在活躍の、そして近い将来世界へ羽ばたこうとしている若い世代に、同じような環境を与えない様にテニス界が一つになって後押しをしたいものです。
 第1章の「心はいつも進化を求めている」から始まり、第10章の「明日はかえることができる」まで、1コラム2頁、90弱のコラムが10テーマに分けて構成。伊達選手は第2のテニス人生を、"復帰"ではなく"新たな戦"と、チャレンジし続ける伊達選手の姿は挑戦が人生を楽しくさせる、との強い思いが伝わってきます。『挑戦しないのは既に負けている、挑戦しないことで後悔はしたくない』と。
 芯が通っていてぶれない考え方、自分らしさを追求し続ける探究心、人間力の高さ等が醸し出しているお人柄が全身からにじみ出る。強さとあのチャーミングな笑顔の女性らしさとのバランスがいいですね。4月27日のブログにも書きましたが、「一流の選手を前にすると辺りの空気は一変してしまうものなのです」。私が個人的に感じた、空気を一変させる様な、素敵で魅力的な一流日本人選手は、吉田(旧姓沢松)和子選手とクルム伊達選手です。そして錦織圭選手が次なる候補かな?
 負けず嫌いで、根っからの勝負師とは云え、現在の選手生活を心から本当に楽しんでいる姿を感じさせる立ち居振る舞いは、1996年の引退以降、様々な苦悩や苦労、極度の重圧から解放され一女性として素敵な時間を過ごした復帰までの12年間が有ったからこそたどり着いた境地なのでしょう。伊達さんの書「いつも笑顔で」(2006年マガジンハウス発刊)は、のびのび生き生きした、この12年間の生活の一部を著した書です。
 「進化する強さ」と併せて同社から発刊された「負けない Never give up」は本文の文章の漢字にルビが全て付けられている、小学校高学年から中学生向きの書籍です。
いつも笑顔で.pngDate2.png




nice!(0)  コメント(0) 

書籍考 その2 ラファエル・ナダル自伝 [書籍考]

書斎 1.JPG
Rafa4.jpgRAFABOOK.jpgRafa3.jpg

 「ラファエル・ナダル自伝 MY STRY」 2011年発刊  実業之日本社
 英国生まれで様々なメディアの特派員を歴任し、更に世界の一流新聞社のライターとして世界中で活躍し、2009年に米国を代表する映画俳優のクリント・イーストウッドが監督を務めて映画化した「INVICTUS-不屈-負けざる者たち」(南アフリカの元大統領ネルソン・マンデラの人生と、95年のラグビーW杯で南アフリカ代表が優勝を成し遂げた奇跡を描いた)の原作著者である、ジョン・カーリン氏がラファエル・ナダル選手の口述したものや周辺の人たちが語ったことを、文章化しながら、読みやすく解説をした、と云う事でラファとの共著となったこの一冊。
 これまでに「テニスの女王で終わりたくない=ビリ・ジーン・キング」、「女王の孤独=マルチナ・ナブラチロア」、「私は負けない=モニカ・セレシュ」、「静かな闘い=アーサー・アッシュ」、日本人では「この一球=福田雅之助」、「やわらかなボール=清水善造」、「テニスを生涯の友として=熊谷一彌」、「フォレストヒルズ翔けた男=原田武一」、「白球オデッセイ=佐藤俵太郎」、「忘れられた野村祐一」等、昭和初期に世界でその名を知られた名選手、戦後の名選手の方々では、「わが青春の軌跡=神和住純」、「ナナは微笑みを忘れない=佐藤直子」、「娘たちとテニス=沢松豊」、最近では松岡修造さん、クルム・伊達公子選手、等の伝記や回想録を読みましたが、これらは概ね引退間近若しくは引退後に書かれた書物が一般的です。
 このナダル選手の本は正にキャリア半ばでのもので、生涯グランドスラムを達成するような一流テニスプレーヤーが、試合中にどんなことを考えているのか、その心の中の葛藤が生々しく語られているということでは、テニスをする人にとって、この本はとても興味深いものと言えるのだろう。もしかしたらテニスに限らず、どのスポーツにも通じるものがあるのかもしれない、そういう意味では他スポーツをする人にとっても同じく、興味深いものでした。
Rafa5.jpg

 この本の構成としては、①2008年のロジャー・フェデラーとのウインブルドン決勝での試合の流れと所感、②2010年のジョコビッチとのUSオープン決勝について、③テニスを始めた幼少期から、24歳の若さでキャリア・グランドスラムを達成するまでのことが書かれており、そして自分がプレーヤーとして成功する過程で、家族や仲間の存在について。この大きな流れを、第1章~第9章 に織り交ぜ270頁の力作となっています。 
特に①のフェデラーとのウインブルドン決勝の記述では、5セット、4時間48分に及んだ死闘で、ナダル自身がどのような精神状態にあったのかが詳細に語られ、非常に興味深かったです。
 コートの中のイメージとは裏腹に、実際のナダルは、暗闇や雷、犬さえも怖がり、決断力に欠け、まわりの人にも影響をうけやすい、とてもナイーブな一面をもちあわせている。不安・恐怖があるからこそ、それを拭い去る為に、コートに入る前やコートの中に入ってからも常に同じルーティーンを守り、更には強い自分になりきるようにいいきかせるのだという。コートチェンジの際、ペットボトルを左足の前に1mmの狂いも無く並べ変える光景は異様ですが、スポンサーを気遣って事も有るでしょうが、これこそが彼が守っているルーティーンの中の一つなのでしょう。
 ナダル選手はトッププレーヤーとしては珍しくコーチを一度も変えていません。彼がテニスに出会った幼少のころから指導している叔父で、元テニスプレーヤーのトニー・ナダル氏が、現在に至るまでナダル選手のコーチであり、おそらく引退するまでそうでしょう。幼いラファエルにとっては身内にプロコーチがいたという幸運に恵まれたことは確かです。 
Rafa1.jpgRafa2.jpgRafa6.jpg

トニーコーチは
「彼は世界の中での自分の立場をわきまえている。誰もがそうあるべきだ。自分は偉大だと思っていても、世界はもっと大きいのだ。」「すべてを手に入れた人物が他人に横柄に振舞うのは許せない。出世すればするほど、ますます他人に敬意を持って接するべきだ。私も彼の両親も、優れたテニスプレーヤーになる以前に、優れた人物であれと常に言っている」「先ずは、ボールを強く打て、それから其れをコートに入れ続ける方法を考えろ」、と常に語ったと云う。反論の余地無しですね。
裕福な家庭環境に育ち、お金や名誉欲の為に頑張っているのでは無く、只、「闘う事が好き」「負ける事が嫌い」、だからこそ後悔しない為に人一倍努力する。全てのアスリートの鑑の様な選手です。

*人は敗戦から学ぼうとするが、僕は勝利から学ぼうとしている。
*人は僕のことをスーパーマンと云うが、僕は自分をクラーク・ケントだと思っている。
*テニスには短距離走者のスピードと瞬発力、それとマラソンランナーの持久力の両方が
 必要~~。
*決戦の時を迎える双方が、同じ控室を使う競技はテニスだけ~~。
*5歳年上のフェデラーには、難しい事をいとも簡単の事の様にやってしまう才能、理的で気品あるプレーヤーで自分はその真逆だ。
*闘志を内に秘めているボルグ選手、外に剥き出しにするマッケンロー選手、双方の良さを持ち合わせているのが、ナダル選手だ~~。  等々、記憶に残る文章はまだまだ沢山有りました。

nice!(0)  コメント(0) 

書籍考 その1 「夢中になって読んだ一冊」 [書籍考]

DSC01600.JPG
 私のブログを見て頂ければお分かりと思いますが・・・・、私の趣味は、
テニス(現在は趣味としてプレーしています)、ゴルフ、ワイン収集、食べ歩き、旅行ですが加えて音楽鑑賞や読書も大好きです。
 書籍は、テニス全般(指導・歴史・自伝・随筆)、文化論(スポーツ・日本・国際)関連、経済思想、旧軍関連全般(戦史・事象検証・思想・自伝・小説)、ワイン、紀行書等、雑誌等、結婚以前の書籍は殆ど処分しましたが、その後残しておきたい本が3000冊強の蔵書となってしまいました。

*中学生の頃は、吉川英治氏の「宮本武蔵」、竹山道雄氏の「ビルマの竪琴」、自分の生き様に重ね合わせた中でヘルマン・ヘッセ氏の「車輪の下」等を読み耽った思い出が有ります。

*高校時代はテニス漬けの毎日で、読書の機会はほとんどなく過ごしました。

*18歳~23歳の間は神田須田町の古本屋通いをし、盲目の祖父に日本歴史、日本軍事史、近代思想史、等の本を読んでは聞かせ、それらを解説してもらう日々でした。小説は吉川英治氏の「新・平家物語」、山岡荘八氏の「徳川家康」、舟橋聖一氏の「花の生涯」、司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」等が思い出に残る書籍でした。

*24歳~35歳の頃は仕事柄、毎月出るテニス雑誌やテニスに関する書籍を本屋さんに自動的に配達してもらう等、テニス・スポーツ関連の書物と、教育・心理学等の本を多く読みました。

*35歳以降は、「アルビン・トフラー」「P・Fドラッカー」「大前研一」「堺屋太一」「日下公人」「落合信彦」「西部邁」「竹村健一」等の経済思想書や「小林秀雄」「立原正秋」「木村尚三郎」「阿川弘之」「会田雄二」「草柳大蔵」「桜井よし子」「藤原正彦」「養老孟司」等々、文化論的な書物を多く読んでいました。

*50歳位から「ワイン」関連の本を本屋さんから全て取り寄せて読みあさった事等も・・・・。

 私がそれぞれの分野で印象に残った本や、購入した本を紹介していきたいと思っています。
第一回目は
アルビン・トフラー(Alvin Toffler ) 「第三の波」
1.jpg
 彼は、1928年 米国生まれの評論家、未来学者、作家。この本は1980年の出版と同時に社会に大きな影響を与えた経済的予言の書と云われている。
 1985年の秋に購入し、初めて読んだ経済思想書。大きな衝撃を受けて、ワクワクしながら一気に読んだ記憶が有ります。この後多くの経済思想書を読むきっかけとなった一冊でした。

■「波」の概念と「第三の波」
 トフラーは、経済的パラダイムシフトを「波」と仮定して社会の趨勢を表した。具体的には、
・第一の波【農業革命】
 狩猟採集社会であった社会が農耕社会へ。→日本で云う縄文中後期~弥生前期に相当
・第二の波【産業革命】
 18~19世紀に興った産業革命による社会システムの大幅な転換。→日本で云う明治初期~昭和期に相当
・第三の波【脱産業社会化(post-industrial society)】
 産業社会化からの脱却。情報革命とも言い換えられる。
■第三の波
 情報化社会下で非マス化・多様化が進んだ現代では、大量生産・大量消費を前提に組立てられた諸システムはもはや限界であり、新たな枠組みを模索する必要がある。第三の波=脱産業社会化は、単に新たな社会システムの構築に邁進するのではなく、その知識に基づいた農業・産業を進めるべき、これが第三の波の論点。産業革命と共に生まれた「肉体労働が産業を支える」という価値観は、皮肉なことに産業の発展と共に「教育を施された人間の頭脳が産業を支える」という価値観にとってかわる、と。
 いずれにしても、家庭用PCの黎明期であり、携帯電話が実用化されていなかったこの時代に、情報化社会の到来と それがもたらす社会構造の変革を詳細に記した本書の先進性に改めて驚く、30年以上前に書かれたものにも関わらず、現代においても十分読むに耐えるというのは驚く。言い換えれば、概ねトフラーが描いた青写真通りに時代が進んでいるということかな。

nice!(0)  コメント(0) 
書籍考 ブログトップ